バレエ留学

【バレエ留学】ロシアバレエ学校の食事を一挙に大公開!

海外のバレエ学校に留学を夢見るあなた!

バレエ学校では、どんな食事が出るのか気になりませんか?

この記事では、ロシアのバレエ学校に長期留学していた筆者が、実際の朝・昼・夕の食事を写真付きで紹介します。

また、日本から持っていった食べ物も合わせて紹介します。

ぜひ、バレエ留学の参考にしてください!!

バレエ学校の食事は3食+おやつ付き

バレエ学校の食堂
バレエ学校の食堂

ロシアのバレエ学校では、毎日の食事はすべて学校の食堂で出されます。

バレエ学校の寮で生活をしていたのですが、調理設備がなく、食堂でご飯を食べるしかなかったです。
あったのは、電子レンジ蒸し器くらいでした、、。

食堂で出されるメニューは、こんな感じでした。

バレエ学校の食事メニュー

  • 朝食:カーシャ(もしくはオムレツ)、パン、温かい飲み物
  • 昼食:サラダ、スープ、メイン
  • 夕食:サラダ、メイン、果物、乳製品、紅茶

これに加えて、おやつの時間にパンやお菓子、ジュースなどが配られていました。

食堂で出される食事は、メニューの種類はそこまで多くなかったです。

7種類くらいのメニューが組み合わせを変えて、出てくるといった感じです。

ですが、カロリー計算はしっかりされており、健康面や栄養面でしっかりと考えられたメニューになっていました。

朝食(Завтрак)

No.1(カーシャ、ハムパン、ミルクティー)

ロシアバレエ学校の食事(朝食)

この日のメニュー

  • カーシャ
  • ハム+パン
  • ミルクティー

カーシャ(Каша)はロシアの朝の定番メニューです。

オートミールやお粥のような料理です。

写真のカーシャは、お米を牛乳で煮たカーシャです。

上にはバターがかかっており、カーシャ自体ほんのりと甘い味がします。

お腹にも優しく、とても腹持ちが良いです。

また、麦やソバの実で作ったカーシャなど種類も豊富にあります。

ロシアバレエ学校の朝食

ミルクティーは死ぬほど甘いです、、。

No.2(ザピカンカ、バターパン、レモンティー)

ロシアバレエ学校の食事(朝食)

この日のメニュー

  • ザピカンカ
  • バター+パン
  • レモンティー

この日の朝食は、ザピカンカ(Запеканка)と呼ばれる料理です。

トヴァローグ(Творог)と呼ばれる、カッテージチーズのような食べ物に卵を混ぜて焼いた料理です。

上には、練乳のような甘いソースがかかっています。

このザピカンカは、グラタンのような「卵と乳製品を加えて焼き上げた料理」を指していて、今回のような甘いものから、ジャガイモと牛肉を使ったものまで種類が色々あります。

昼食(Обед)

No.1(ボルシチ、マカロニ、ハンバーグ、サラダ)

ロシアバレエ学校の食事(昼食)

この日のメニュー

  • トマトときゅうりのサラダ
  • ボルシチ
  • マカロニ
  • 牛肉のハンバーグ
  • ジュース(おやつ)

ロシア料理と言ったら、ボルシチ(Борщ)と呼ばれるスープです。

ニンジンやジャガイモ、キャベツなど野菜のたくさん入ったスープで、この赤い色はビーツやトマトから出ています。

わたしの大好きなロシア料理の一つです。

実は、ロシア料理には多くの乳製品が使われており、

このボルシチにも、スメタナ(Сметана)と呼ばれるサワークリームが入っています。

No.2(ポタージュ、マカロニ、ハンバーグ、サラダ)

ロシアバレエ学校の食事(昼食)

この日のメニュー

  • ニンジンや干しぶどうのサラダ
  • ジャガイモのポタージュ
  • マカロニ
  • 鶏肉のハンバーグ

この日のメニューは、日本でも出てきそうな昼食です。

スープはジャガイモのポタージュです。

毎回、中々冷めなくてよく舌をヤケドしていました。

マカロニの他にも、ロシアでは、ジャガイモ茹でたソバの実などが主食として食べられています。

No.3(スープ、マカロニ、ハンバーグ、サラダ)

ロシアバレエ学校の食事(昼食)

この日のメニュー

  • ビーツとナッツのサラダ
  • ピクルスのスープ
  • マカロニ
  • 鶏肉のハンバーグ

この日は、ビーツとナッツを和えたサラダでした。

個人的にボルシチに入っているビーツは好きなんですが、ビーツのサラダは嫌いでした、、。

スープには、ピクルスのほかにニンジン、ジャガイモ、麦などが入っており、酸味のあるスープになっています。

夕食(Ужин)

No.1(ソバの実、ハンバーグ、サラダ、紅茶、りんご、ジュース)

ロシアバレエ学校の食事(夕食)

この日のメニュー

  • キャベツとパプリカのサラダ
  • 茹でたソバの実
  • 牛肉のハンバーグ
  • 紅茶
  • りんご
  • さくらんぼジュース

この日の主食は、ロシアの主食の一つ「ソバの実」です。

ロシアでは、茹でたそばの実をそのままお米のように食べたりもします。

茹でたそばの実は、ほくほくの豆を食べてるような食感で、ほんのりとソバの味がします。

焼き魚と一緒に食べるのが好きでした。

サラダには、ピクルスや酢漬けのキャベツがよく入っており、酸っぱい味付けのサラダが多いです。

No.2(アズー、サラダ、レモンティー、ヨーグルト)

ロシアバレエ学校の食事(夕食)

この日のメニュー

  • キャベツとパプリカのサラダ
  • アズー
  • レモンティー
  • 飲むヨーグルト(麦入り)

アズーは牛肉とジャガイモと使った料理で、簡単で説明するとロシア版「肉じゃが」です。

少しカレーのようなスパイスの味がします。

No.3(ピラフ、サラダ、レモンティー、バナナ、ジュース)

ロシアバレエ学校の食事(夕食)

この日のメニュー

  • キャベツとセロリのサラダ
  • ピラフ(ゆで卵つき)
  • レモンティー
  • バナナ
  • ミックスジュース

ピラフのお米は、タイ米が使われています。

タイ米は、パラパラしていてピラフとの相性がとても良いです。

日本米で作ったピラフより、タイ米を使ったピラフの方が好きでした。

そしてバナナは、ロシアでも安定の美味しさです。

食堂で朝食を食べる気分でないときは、ヨーグルトと一緒に朝食として食べていました。

No.4(ピューレ、焼きシャケ、サラダ)

ロシアバレエ学校の食事(夕食)

この日のメニュー

  • キャベツとニンジンのサラダ
  • ジャガイモのピューレ
  • シャケのチーズ焼き

今まで肉料理ばかり登場してきましたが、魚料理も出てきます。

この日のメインは、チーズをのせて焼いたシャケでした。

日本のシャケより脂身が少なめで、淡白な味です。

塩漬けの魚の切り身がそのまま出される日もあったりました。

日本から持っていった食べ物

毎日、食事は学校で食べることはできましたが、やっぱり日本の味が恋しくなります。

実際に、写真のような食べ物をよくロシアに持って行っていました。

国際郵便(EMS)で送られてきた食べ物
  • カップラーメン
  • お菓子(おせんべいなど)
  • 調味料(ラー油、醤油、七味唐辛子、ドレッシングなど)
  • ガム

などなど・・・

ロシアのお菓子は、チョコレートやクッキーなど甘いお菓子がほとんどだったので、

おせんべい系のしょっぱいお菓子を日本から持って行きました。

国際郵便(EMS)を使って、他の荷物と一緒に送ってもらったこともありました。

国際郵便(EMS)で送られてきたお菓子
実際に国際郵便(EMS)で送られてきた食べ物

食堂では、辛い料理は出てこなかったです。

なので、激辛のカップラーメンを食べたり、辛い調味料でアレンジしたりしていました。

ゆで卵に食べるラー油をのせて食べるのが、お気に入りでした。

食べれば慣れる!

初めての海外生活で、食べ物が口に合うか心配な人もいると思います。

結論からいうと、食べれば慣れます!

わたし自身、留学を初めて最初のころは、食べれない食堂の料理もいくつかありました。
(特にカーシャなど)

ですが、何回か食べていると、いつの間にか食べれるようになります。

ましてや、ダンサーは身体が重要です。

バレエ学校でのレッスンは、毎日ハードでしっかり食べていないと身体が保ちません。

しっかり食べていても、その分レッスンで消費しているので太ることはありませんでした。
逆に、しっかり食べても体重が減ることはありましたが、、。

毎日のレッスンにしっかりと取り組むために、しっかりと栄養のバランスのとれた食事を摂りましょう!

本当に食べれば慣れます!

まとめ

  • バレエ学校の食事は、しっかり栄養管理されている。
  • 主食は主に、マカロニ、ジャガイモ、そばの実。
  • ダンサーは食事も大切。
  • 最初は苦手でも食べれば慣れる!

どうでしたか?

バレエ学校の食事の様子は伝わりましたか?

初めてのロシアの料理は少しビックリするかもしれないですが、美味しいロシア料理もたくさんあります。

ぜひ、バレエ留学の参考にしてくださいね!

]]>

-バレエ留学