レッスン

男の踊るバレエって一体どんなの?男子バレエの魅力!

2020/02/10

バレエを習い始めた男子の皆さん!

男子の踊るバレエの魅力を知っていますか?

バレエをなんとなく習い始めたけど、バレエってどんなものか知っていますか?

本記事では以下の内容を説明、解説します。

そもそもバレエって何?

バレエは言葉を使わずに感情などを音楽に合わせて表現するものです。

なのでバレエで声を出すことはありません。

バレエの歴史


バレエはイタリアで生まれ、フランスで育ち、ロシアで成熟したとよく言われます。

バレエの起源はイタリアです。

貴族たちが音楽にあわせて踊るバロBallo)といわれるダンスがバレエの起源と言われています。

そのバロがフランスに伝わり、ルイ14世などの人物によってバレエという文化の基礎が作り上げられました。

プリエ、タンデュなどいった、バレエで動き(パ)の名前がすべてフランス語なのはそのためです。

このルイ14世によって、世界初のバレエ学校が作られました。

また、女子が履くポワントと生まれたのも、フランスです。

その後、バレエはロシアにも広がります。

「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」といった名前を一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

この3つのバレエ作品は「3大バレエ」と呼ばれています。

これらの作品はすべてロシアで生まれました。

男子の踊るバレエの魅力

ジャンプ(跳躍力)

なんといってもまず最初に言えるのは、男子にしかできない高いジャンプです。

まるで、空中を飛んでいるかのような、高いジャンプはお客さんを魅了します。

男子の踊るソロの踊り(ヴァリエーション)の中で、一番ジャンプ力を見せつけられる踊りは「ゴパック」です。

登場からジャンプで始まる踊り(ヴァリエーション)に驚いた人もいるでしょう。

このように力強いジャンプは男子ならではのものです。

回転(ピルエットなど)

ピルエットなどの回転技です。

まずは、この動画を見てみてください!

女性の踊る優雅で美しいバレエのイメージがある人は、驚いたのではないでしょうか?

「カッコイイ」と思った人いるでしょう。

しっかりとした軸で優雅にそしてダイナミックに回転する。

これこそが男子のバレエです。

私は初めてプロ男性ダンサーのピルエットを間近でみたとき衝撃を受けました。

女性のサポート・リフト


バレエで男子はだだ自分で跳んだり、回ったりするわけではありません。

女性を持ち上げたり、回転やジャンプのサポートをする役目も男子はあります。

海外のバレエ学校ではデュエットと呼ばれる、バレエで女性をサポートする方法を学ぶ授業もあります。

それほど女性もサポートは重要なのです。

そんな重要なサポートですが、「重いし、辛そう、、、。」なんて思っていませんか?

実際、ある程度の筋力は必要です。

ですが、パートナーの息があった踊りができれば、そこまで重くはありません(実体験)

女性と息を合わせてサポートしながら踊る姿は、まるで縁の下の力持ちのようです。

今度バレエを見る機会があってら、ぜひサポートをしている男性の姿も見てみてください。

おわりに

いかがだったでしょうか?

男子バレエの魅力が伝わったでしょうか?

これを気にバレエが好きな男子で一人でも増えてくれると嬉しいです。

-レッスン
-